AppleがApp storeアプリを数多く削除する事案が発生中

appstore アプリ 削除

つい先日、App storeより多くのアプリが削除されるといった事案が発生しました。

以前よりリワード広告を使用したアプリの取り締まりを強化すると宣言していたAppleが遂に本腰を入れた模様です。

sponsored

Appstoreよりアプリが数多く削除されている理由

消されたアプリの数は多くAppleの本気さがわかります。
リワード広告については予てから悪評が目立っており今回遂に裁きが下る結果となりました。

リワード広告は、お小遣いアプリなどでよく見られるものでユーザーがコインを受け取る見返りにアプリをダウンロードするなどし、業者が手掛けるアプリのApp store内でのランキング上昇を狙ったりする代物です。
これまでは不正と言い切れないグレーな扱いだったようですが、Appleはこれをアウトとしました。

当然ちゃ当然です。必ずしも面白いアプリが上位に表示されるのではなく、お小遣い稼ぎのためにダウンロードされたアプリが上位に君臨したりするわけですから全うな評価ではありません。

ユーザーからするとランキングインしているということは良いアプリだと普通は判断するかと思うので面白いと思ってダウンロードしたアプリが全然面白くなかったという事象が発生していたことは容易に想像が出来ます。

そうなってくるとAppleのブランドイメージにまで悪影響を及ぼしかねないので今回のようなアプリ削除へと繋がったのではないでしょうか。

幾つかのアプリでは削除後も使用出来ることが確認出来ており、今回の削除前にダウンロードしたアプリについては現時点では利用が可能のようです。
アプリによっては利用者数が相当のものもあるので利用者にとっても今回のニュースには不安を抱く結果になったかと思います。

いずれにせよ、リワード広告を使用したアプリは今後廃れていく可能性が非常に高いです。