LINEスタンプを自分で作る方法

linecreatorsmarket,linecreatorsmarket 登録

LINEでは欠かせないのがスタンプです。もはや、スタンプなくしてLINEは語れません。

そんなスタンプですが、何と自作し販売することが可能となっています。

よく、どうすればスタンプが作れるのか?という意見を聞きますが、紙に描いていいし、スマホやパソコンで作ることもOKです。要は制作の過程には特に縛りがありません。
ただ、最終的には作ったスタンプを登録する必要があるのでその際には、スマホやパソコンが必要となります。

では、具体的にどのようにスタンプを制作するのか、説明に入ります。

LINE Creators Marketにログインする

LINE Creators Marketにアクセスします。

②そこで必要になるのは、LINEの登録情報です。メールアドレスとパスワードを入力し、LINE Creators Marketへログインします。

マイページでスタンプを新規登録する

linecreatorsmarket,linecreatorsmarket 登録

マイページ画面へと行き、必要事項を記入します。

新規登録をクリックし、必要な箇所へ記入、保存します。

スタンプ管理画面でスタンプの登録を行う

linecreatorsmarket,linecreatorsmarket 登録

スタンプ管理をクリックすれば、上記画像の画面となります。
さきほど作成した登録内容が画面に表示されているのでここをクリック。

linecreatorsmarket,linecreatorsmarket 登録

スタンプ画像をクリックし、続けて、編集をクリック。

linecreatorsmarket,linecreatorsmarket 登録

ファイルを読み込み、一括で作成したスタンプを読み込むことも出来ますし、1つずつ読み込むことも出来ます。

肝心のスタンプの詳細についてですが、ここで説明するよりも、LINE Creators Marketのガイドラインがわかり易いのでそちらを紹介します(^^)

クリエイターズスタンプのガイドライン

スタンプを紙に描いて制作したい場合

adobe系のグラフィックソフトに扱い慣れている人はここまでの説明でもイメージすることは出来たかと思いますが、冒頭でも触れた、紙でスタンプを作成する人はまだしっくりきていないかもしれません。

紙で作成したスタンプを登録する方法はいくつかあります。
まずは、紙で作成したスタンプをスマホやパソコンへ取り入れなければいけません。

要は、紙を画像データにすればいいのです。
スマホで撮影した画像データをアプリやパソコンで編集し、登録するといったことも可能ではあります。
ただし、クオリティが落ちてしまうことは言うまでもないので、スキャナーなどでパソコンへ取り込む方法がベターではないでしょうか。

審査ガイドライン

最後に、スマホやパソコンに保存された画像データはそのままではLINE Creators Marketには登録出来ません。
画像サイズをリサイズしたり、ファイル形式を変える必要があります。
方法については別記事で書きたいと思っています。

LINE Creators Marketには既にたくさんのクリエイターが自作したスタンプを登録し販売しています。
中にはヒットしてとても稼いでいる方もいるそうです。

夢がありますね、LINEスタンプ!
僕も近々、挑戦してみたいと思っています(^^)