30代♂サラリーマン、UR賃貸住宅に引っ越すの巻(九州の地方都市)


どうも!masaruisgo管理人(30代♂)です!
今回の記事ですが、前回の続きで引越しについてです。
30代♂サラリーマンの自己紹介と引越し(九州の地方都市)

sponsored

前回、費用を安く抑えたいということに触れたのですが、
そのことを考えると、魅力的なのがUR賃貸住宅かなと。
というのも、今もURに住んでいてすでにその良さをしっているのです。
なので今回の引越し先もURかなって感じです。
なので改めてどんな感じでお得がサラッと調べました!

UR賃貸住宅は礼金や仲介手数料などが無料!なのでとてもお得

以下のような制度があるので、引越し費用をかなり安く抑えることができます。
・礼金ナシ
・仲介手料ナシ
・更新料ナシ
・保証料ナシ

更に!
僕の場合、今もUR賃貸住宅に住んでいるので、「敷金の引継ぎ」も適用されます。
条件がいくつかありますが、普通に住んでいればほとんどの方が利用できるはずです。
UR賃貸住宅間の住替えに係る敷金の引継ぎについて

仮に、敷金・礼金・仲介手数料・更新費が、それぞれ1か月分かかる場合で、家賃が8万円とすると、合計で32万円の費用となりますが、先ほど触れたように、UR賃貸住宅だと礼金などがかからないので、
8万円で済むという。
その差額なんと24万円!
貯金が50万円もない僕ら家族からすると有難い極み。

「そのママ割」適用物件なら家賃もお得に!

更に更に!
今回、UR賃貸住宅を探していて、「そのママ割」が適用された物件を発見!
「そのママ割」は、18歳未満の子供を扶養する世帯。或いは、妊娠している場合に適用される制度で、3年間に渡って家賃が安くなるといったものです。
※URが可能であると判断すれば期間の延長も有り得るそうです。
そのママ割

今回の物件だと、家賃20%OFFなので18,000円引き!

UR賃貸住宅と契約しやした

これだけ金銭的な恩恵がある上に、住環境も申し分ない
・最寄駅、保育園、スーパーやコンビニまで徒歩10分以内
・エレベーター・オートロック付き(今のURにはない)
・南向きの角部屋
・床暖房付き
・1LDK→2LDKに
などなど

UR賃貸住宅は、仮申し込みをすることでその物件の権利が自分のものとなるのだけど(期限は1週間)見学もせずに、速攻で申し込みに!
実際、見学したら想像通りの超優良物件で、その後、本申し込みまで完了させました。
近日、引越しをすることが決まっております。